真田十万石の城下町・松代に新たな魅力が誕生― 「寺町商家」 2015年4月4日 オープン


歴史を活かした新しい地域交流の拠点

寺町商家トップ画像

 寺町商家(旧金箱家住宅)は、真田十万石の城下町である松代において、江戸末期から昭和初期まで質屋等を営んでいた商家・金箱家の旧宅です。
 敷地内には、明治から大正までの商家の営みを伝える歴史的建造物と、泉水路と池をもつ庭園が現存しており、松代における明治期を中心とした豊かな商家の暮らしぶりを伝える貴重な屋敷として、2012年に長野市の有形文化財に指定されました。
 
 2015年4月4日(土曜)、4年にわたる保存修理工事を経て、いよいよ寺町商家がオープンしました。

 あなたも寺町商家で「なにか」を始めてみませんか?

寺町商家の厨房 寺町商家では、市民の皆さんの様々な活動に活用いただくことで、多くの人々が集い、地域の賑わいを再生することをめざしています。
 そのため、貴重な文化財として適切な保存修理を行うとともに、歴史的景観を活かした多種多様な活動ができる施設として整備を進めてきました。

 今回の整備により、本格的な厨房設備や大小の貸しスペースが設けられ、市民の皆さんがシェフとなって腕をふるうコミュニティレストランや、地元物産の展示・販売、芸術活動や生涯学習活動などの各種イベント会場としても利用いただけるようになります。

 寺町商家では一人ひとりが主役となって趣味や職業を活かした多様な活動をすることができます。
 あなたも歴史の風情を感じながら主役のひとりになって「なにか」を始めてみませんか?





施設の概要